・トピックス

千葉YMCAニュースボード

国際協力募金にご協力を12月10日午後,千葉駅東口広場で国際協力募金をPRする街頭募金を行いました。会員・職員・青年たち9名が参加し,約2時間のアピールの結果11,243円の善意の献金を頂きました。本募金は各センターで1月末まで。
チャリティーボウリング大会:国際協力募金のためのチャリティー行事として2月3日(土)2時~,千葉センター近くのアサヒボウリングセンターでボウリング大会を開催します。どなたでも参加できます(会費2千円,学生千円,各貸靴料込み)。集合時間等は電話予約の際お知らせします。
ちば市国際ふれあいフェスティバル千葉市内で活動する国際理解・交流・協力団体が年一度集まって開く「国際ふれあいフェスティバル」。今冬は2月11日(日),市民会館小ホールで行われます。YMCAもブースを出して,国際交流や協力の活動を紹介します。
◆過去の記事:http://www.ymcajapan.org/chiba/newsboard/

船橋YMCA通信

2018年も“地域の触媒”としての活動を続けます:船橋YMCAは、10年以上前からチャリティーランに車いすで参加していただいている障がいを持つ方々および「車椅子レクダンス協会(矢車草)」のメンバーの方々のご協力をいただきながら、船橋市内の小中学校の『障がい者理解体験教室』の企画・実行のお手伝いをしています。この活動は、船橋YMCAが、地元地域に密着した運動の触媒となって子どもたちに貴重な体験をプレゼントしているもので、今年も続けて行きます。
芝山西小学校の体験教室感想文11月7日の芝山西小の体験教室の感想文です。ひらがなを漢字に替えて読みやすくしてあります。・僕は、高齢者や車いすの体験をしましたが、僕が一番不便だなーと思ったのは車いすです。車いすが無いと歩けないし、外出するときはいつ引かれるかわからないので不自由だなーと思いました。僕は、芝っ子発表会では高齢者の体験をさせる側になり、学ばせる側になります。それは頑張ります。そしてもう一つ、僕は手の不自由な人や耳の不自由な人の体験もしてみたかったです。僕はこれから、障がい者やお年寄りが困っていたら助けたいです。
ふなばし市民活動フェアに参加します:船橋YMCAは、2018年2月3日(土)にJR船橋駅南口のフェイスビル5・6階で開催される、船橋市 市民生活部 市民協働課主催の「第10回ふなばし市民活動フェア」に他の57団体とともに参加します。当日は、11時~16時の間、6階のきららホールで、船橋YMCAの活動紹介とボランティア募集をパネル展示で行います。パネル番号は28番です。
◆過去の記事:http://www.ymcajapan.org/chiba/funabashi/news/

お知らせ

ボランティアリーダー募集

千葉YMCAでは、子どもたちの野外活動や季節のキャンプを共に作ってくださるボランティアを随時募集しています。同じ思いを共有する仲間たちとの出会いもあなたの大きな財産になります。
申し込みフォームは下記から
https://ssl.formman.com/form/pc/MGx1XZSL3VVqmMVm/

千葉YMCAのあゆみ

1970年から30年間の記録を紹介しています
http://www.ymcajapan.org/chiba/jp/history.html

情報公開

会員総会、決算情報

直近の総会で公表された情報を公開しています
◆組織・事業報告:http://www.ymcajapan.org/chiba/2015/2015sokai1.pdf
◆定款・財務報告:http://www.ymcajapan.org/chiba/2015/2015sokai2.pdf

このサイトについて

千葉YMCAオフィシャルサイトです

このサイトは、岸理事長の承認の下、千葉YMCAインターネット委員会によって運営されています。
文責者は、ホーム:田原、千葉&柏センター:平田、船橋デポ:槙の各委員です。